北海道を満喫しよう!札幌駅周辺と近場オススメ観光スポット!

シェアする

大通り公園
とても広い北海道には世界遺産も多くあり、おいしいグルメを味わえる観光スポットがいくつもあるので、どこに行こうか迷ってしまいますよね。

今回は、そんな広い北海道のなかでも、札幌周辺の観光地について紹介したいと思います。

札幌へのアクセス

新千歳空港から札幌へは、電車で40分(1,070円)、車で1時間、バスで1時間20分ほど(1,030円)で行くことができます。

札幌に着いてからもレンタカーで移動する場合や、荷物が多い場合は空港近くでレンタカーを借りて札幌に向かうと楽かもしれませんね。

札幌駅周辺の観光地

札幌駅周辺の観光は半日~1日あれば十分楽しむことができます。レンタカーがなくても電車やバスなど公共交通機関が充実していますし、駅近郊であれば徒歩で周ることもできるので観光しやすいです。

北海道庁旧本庁舎

本庁
札幌駅から徒歩7分程で行くことができます。赤レンガでできた建物周辺の庭には、約1000本もの樹木が植えられており、樹木の緑とレンガの赤の色合いが目を引き、とてもきれいです。

1階は北海道の歴史についての文書などが展示されており、2階の記念室は歴代の長官が
執務した部屋として公開されています。入場料も無料なので、誰でも気軽に見学することができます。

住所:札幌市中央区北3西6
電話:011-204-5019

札幌時計台

時計台
札幌の象徴として、国指定重要文化財に登録されている時計台です。札幌での観光の定番スポットとしても人気です。

1階は展示室、2階は時計台ホールがあり、時計機械を間近で見ることができます。
外には撮影台が設置されているので、ノスタルジックな時計台をバックに記念撮影してみてください。

住所:札幌市中央区北1西2
電話:011-231-0838
入館料:200円(高校生以下無料)

サッポロガーデンパーク

札幌ビール
サッポロビール園とサッポロビール博物館があるのがここ、サッポロビールパークです。札幌駅から直通バスも運行しているのでアクセスにも便利です。

サッポロビール博物館

日本で唯一のビール博物館です。入場は無料で自由に見学することができますが、プレミアムツアー(500円)も開催されており当日受付でも利用可能です。

サッポロビールの歴史について知ることができる解説付きの映像を見ることができたり、歴代のラベルや広告チラシなどが展示されているので、年配の方は懐かしさを感じることができます。

1階のラウンジでは出来立てのビールの試飲(有料)ができたり、3種類のビールの違いを楽しめる飲み比べセット(600円)があるので、ビール好きの人にはぜひオススメです。

サッポロビール園

札幌ビール園
ビール園ではビールと一緒に、北海道の定番グルメのひとつジンギスカンを味わうことができます。ビールとジンギスカンの相性はばっちりですし、昼から営業しているので昼間から贅沢に飲むのも楽しみ方のひとつです。

園内はケッセルホール・トロンメルホール・ポプラ館・ライラック・ガーデングリルの5つのレストランに分かれており、それぞれ違った雰囲気でジンギスカンを味わうことができます。宴会や二次会など大人数で利用することも可能です。

レストランによってジンギスカンの味付けが違ったりと、味わい方も変わるので調べてから訪れるのをオススメします。

住所:札幌市東区北7東9
電話:博物館 011-748-1876

もいわ山山頂展望台

標高531メートルの展望台からは、札幌の夜景を一望することができます。北海道の夜景と言えば函館!と思う人も多いと思いますが、もいわ山の夜景も日本新三大夜景に認定されるほどキレイな景色です。

函館は札幌からだと遠くプランの中に組みにくいので、近場で夜景を楽しみたい場合はもいわ山の展望台がオススメです。山頂への展望台へはロープウェイで登ることができ、往復1700円で利用できます。

住所:札幌市中央区伏見5-3-7
電話:011-561-8177
駐車場あり

さっぽろ羊ケ丘展望台

羊が丘展望台
こちらも札幌の代表的な観光スポットのひとつです。有名なクラーク博士像や、雪まつり資料館、北海道グルメを味わえる施設もあります。

牧草地には羊が放し飼いされており展望台からの広大な景色からは開放的な気分を味わえます。

札幌駅から直通のバスが運行されていますし、駐車場もあるのでレンタカーでのアクセスも便利です。

住所:札幌市豊平区羊ケ丘1
電話:011-851-3080
入場料:520円

大通り公園

大通り夜景
札幌の中心部に広がる大通公園は、夏はビアガーデン、冬は雪まつりが開催されるなど、季節ごとにイベントごとでにぎわいます。

約1.5キロにわたって続く芝生には、様々な花が植えられた花壇が広がり、テレビ塔や噴水をながめながらのんびりベンチでくつろぐのに最適なスポットです。夜になるとテレビ塔がライトアップされ、昼間とは違う幻想的な景色を楽しめます。

住所:札幌市中央区大通西1~12
電話:011-251-0438
入園自由

札幌から少し離れたオススメスポット

札幌でのオススメスポットを紹介しましたが、札幌から1時間~2時間半ほどで行くことのできるオススメスポットも紹介したいと思います。

北海道のレトロタウン 小樽

江戸時代から港町として栄えてきた小樽は、北海道で最も歴史ある街です。小樽の街並みは風情ある街並みが広がっており、建物などからも歴史を感じることができます。

小樽へのアクセスと移動手段

札幌駅からは電車で40分(片道640円)、バスで1時間程(610円)で行くことができるので、それほど遠くなく日帰りの観光も可能です。小樽での観光に適した移動手段は徒歩です。

人気スポットの小樽運河へも徒歩10分で行くことができますし、お土産屋さんやグルメスポットも歩いていける距離にあるので、歩きやすいスニーカーなどで行くことがオススメです。

小樽運河をお散歩

小樽運河
小樽運河は行く時間帯によって景色が全く変わります。日中に見る小樽運河は水面に映る石造りの建物の景色を楽しむことができ、夕暮れ時になるとガス灯の明かりが灯り、ロマンティックな景色に変わります。

夜になると灯りがより一層輝き、きれいな夜景へとなるので、時間帯を選んで訪れるといいでしょう。

小樽グルメを堪能!

ルタオ
小樽では様々なグルメを楽しむことができるスポットでもあります。有名グルメのひとつとして小樽寿司があります。港がすぐ近くなので新鮮なお魚を味わえるお店が多く、小樽のお寿司は絶品です。

寿司屋通りがあるほど店舗の数が多く、人気店は予約をしないと入れないこともあるのできちんと下調べをすることをオススメします。

そしてもうひとつ人気グルメがスイーツです。ドゥーブルフロマージュで有名のルタオの本店があるのがここ小樽です。

本店を合わせて6店舗ものルタオのお店が小樽にはあります。それぞれお店の外観や、販売されている商品にも違いがあり、スイーツ好きの人は「ルタオはしご」を贅沢に楽しんでみてください。

小樽の店舗でしか味わうことのできない生ドゥーブルフロマージュは、小樽観光に訪れた際には、ぜひ味わってほしいスイーツです。

富良野・美瑛で出会える絶景

札幌から2時間半ほどで行くことができる富良野と美瑛には北海道ならではの絶景を見ることができるスポットがあります。アクセスとしては動きやすいレンタカーで行くことをオススメします。

富良野で見る美しいラベンダー畑

ファーム富田
富良野といえばラベンダー畑が有名ですよね。夏に北海道に訪れる場合にはぜひ富良野・美瑛方面に観光に行くことをオススメします。

ラベンダーの見ごろの時期は7月上旬から7月下旬にかけてです。北海道の広大な自然の景色の中に広がるラベンダー畑はまさに絶景!

中でも日本最大級の規模のラベンダー畑が広がる「ファーム富田」がラベンダー観光で最も人気のスポットです。広い園内はいくつかのお花畑に分かれており、それぞれ違った種類の花が育てられているので各場所で違う色合いのお花畑を見ることができます。

レストランやお土産屋さんもあり、ラベンダーソフトクリームはかわいらしい見た目とスッキリした甘さの味わいが人気の定番グルメです。

見ごろの時期にはかなりの混雑が予想され、渋滞になることもあるので時間帯を考えてプランに組んでみてください。

「ファーム富田」
住所:中富良野町基線北15号
電話:0167-39-3939
入園無料

美瑛での絶景人気スポット!

青い池
美瑛で人気のスポットのひとつが白金にある青い池です。パワースポットとしても人気のこの池は、青く輝く池がとても幻想的な景色になっています。

多くの観光客が訪れる人気スポットなので午前中の早い時間に行くなど、時間をずらして行くと効率よく回ることができます。

「青い池」
住所:美瑛町白金
電話:0166-94-3025

美瑛のドライブコースとしてオススメなのがパッチワークの路です。ゆるやかな丘陵地帯がひろがる道は、北海道ならではの開放的なドライブを楽しむことができます。

ケンとメリーの木、セブンスターの木、マイルドセブンの丘などいくつかの観光ポイントが集結しているのでそれぞれのポイントで休憩しながら緑が広がる景色に癒されてください。

まとめ

札幌やその周辺だけでもこれだけのオススメ観光スポットがあるので、北海道に訪れる際には滞在時間をゆっくりとり、観光からグルメまで存分に堪能してみてください。

キレイな景色を見て美味しいものも食べて、身も心も満足できる旅行になること間違いなしです!

シェアする

フォローする