広島の魅力に迫る旅 これを知っているか知らないかで面白さが違う!

シェアする

広島旅行に行く時、みなさんはまずどこに行き、お土産は何を買いますか?多くの人は宮島・広島原爆ドーム、お土産はもみじ饅頭ですと答えるでしょう。

正直、どこに行っていいのか分からないというのが実際の所です。今回は、宮島・広島原爆ドームのような王道なところから、穴場スポットまでお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

宮島フェリーの魅力

宮島フェリー
広島と言えば、宮島ですね。宮島に皆さんはフェリーで行きますね。フェリーには、JR運営のフェリーと松大汽船フェリーと2種類あります。違いがあまりよくわからないから、時間で選ぶ人が多いです。

この2種類には大きく違いがあります。それは料金などではなく、航路です。JRの方は、大鳥居の前まで旋回して接近してくれるので、フェリーの中から記念撮影するのに向いています。

また、青春18きっぷという乗車チケットを利用している場合、その乗車チケットでフェリーを利用できますのでお得です。松大汽船の場合、最短距離となるのでお急ぎの方にはおすすめです。

安芸の宮島の魅力

年中賑わっている島です。特にGW,・お盆・紅葉の時期・年末年始は、お祭りです。近年では、例年以上に海外からの旅行者も増えています。

下の写真は、お盆の時期の宮島です。
安芸の宮島

水族館は、リニューアルされ、以前より雰囲気が良くなっています。水族館はフェリー乗り場から徒歩30分くらいかかるので、足が重たいっていう人も多いです。

しかし、水族館に行くまでの道のりでは、魅力がいっぱいあります。
通り道にある素敵な場所を紹介いたします。

世界文化遺産の厳島神社

厳島神社
全国ニュースにもなったのでご存知の方もいるかと思いますが、昔台風で厳島神社は大変な時期がありました。こうやってまた、修復して立派に存在する厳島神社には勇気を与えてくれるような気持ちになります。
料金300円で中に入れます。
フェリー乗り場から徒歩15分ほどです。

歩いていると、色々と見えてきます。

大鳥居
上の写真は、大鳥居が見える道通りです。
引潮になっていると鳥居まで歩いて行けますが、満潮の海に浮かぶ雰囲気も美しいものです。

商店
ちょっと中の道を歩くと商店があります。最近ではコンビニなども増えていて商店も少なくなっているのですが、宮島にはコンビニはないので商店が生き生きとしていて、見るのも楽しいですよ。

大聖院

ちょっと外れた道になりますが、宮島に来たらここはおすすめです。
私は、遠回りの道でも、かならず行きます。

ここには仁王門があり、そこをくぐると階段が続いています。その階段には大般若経筒(六百巻)というのがずらーっと並んでいて、それを触りながら登ると、お経を読んだことになって福が得られると昔から言われています。私も小学生から宮島に行った時には必ずしています。

登ると、休憩所のようなものがあり、お茶を頂くことができます。このお茶がまたおいしいです。そして巡回していると、ちょっと変わったものをみることができます。私はそれが好きでいつも行っています。

あえてこちらには書きませんので、行ってからのお楽しみということにしておきます。

文化遺産の豊国神社

豊国神社
こちらは、すこし丘の方にある神社です。別名千畳閣と言います。五重塔のすぐ横にあり、地味に見えますが中はすごく迫力があります。こちらの建物は豊臣秀吉の死により、工事中止となって未完成のまま今もなお存在する建物です。

壁や天井板もなく、当時の事を違った角度から触れる事ができます。入場料は100円です。あまり知られていないというのもあり、混雑時でもわりと人は少なくゆっくり過ごせます。

お好み焼きなら「へんくつや」

へんくつや
旅行に来られた方は、お好み焼きを食べに行くという方も多いでしょう。しかし、どこに行っていいか分からないという方も多いでしょう。

宮島フェリー乗り場では「田の久」というお好み屋さんがあり、今は大人気となっていつも長蛇の列です。昔からあるお店なのですが、かなりの人気です。

そして広島市内までいくと、皆さんご存知の「お好み焼き村」もあります。しかし、いつ行ってもたくさんの人で賑わっていて、なかなか入れないのが現実です。

広島パルコ前にある「へんくつや」というお店があります。ここもにぎわっているのですが、そこまで並びません。意外と知られていないのかと思ってしまいがちですが、味は文句なくおししいです。

お好み焼き
ノーマルのお好み焼きは、野菜も麺もたっぷり入っていてボリューム満点なのに何枚でも食べれるくらい、さっぱりした感じです。やみつきになりそうですよ。

宮浜温泉の魅力

広島市内以外にも、岩国方面行くと「宮浜温泉」という地域があります。最近、こちらの宮浜温泉が賑わってきています。

日帰り温泉べにまんさくの湯

海を見ながらお風呂に入る事ができます。最大の魅力は海を眺めながら入る事が出来ることです。

住所:広島県廿日市市宮浜温泉2-2-1
アクセス:JR大野浦駅から車で5分
営業時間:10:00~23:00(最終22:30)
定休日:毎月第3火曜日

ペンションあんばらんす

リニューアルした宿泊施設です。こちらの宿泊施設は、昔からあり本当にレトロな雰囲気とアットホーム感があります。しかし経営者の方もご年配となり経営が大変な時期がありました。そんな時にこちらの地元の方が後継者となり、当時の趣も残しながら新しい形で復活させました。経営者の方もすごくユニークな方です。

住所:広島県廿日市市宮浜温泉2-13-12
アクセス:大野浦駅から車で5分
電話番号:0829-55-1883

発展する飲食店

「Miya」という創作イタリアン料理店が2号線沿いにあります。広島では、知らない人はいないほどの有名な長谷川和示シェフの弟子で独立してお店を開業させました。
長谷川シェフのお弟子さんは、独立開業し成功している人が多いです。

宮浜温泉とは離れますが、宮島フェリー乗り場の近くにある「fudoki」というお店の方もお弟子さんの一人です。
長谷川シェフの息子さんも最近新規開業をしました。Miyaの道路向かいです。
まだ11月にオープンしたばかりです。

お土産ならご当地感を感じれるもの!

もみじ饅頭「藤い屋」

広島といえばもみじ饅頭です。生地に厚みが合って、具とのバランスが最高に良いからです。生地のふわっとした感じも感じられます。しかし、お土産で買って帰ったとしても、意外と全国どこでも簡単に手に入れる事ができてしまいご当地感が少しないです。
藤い屋は違います。広島でしか販売していませんので、お土産としても最適なのです。
年々人気上昇しています。

オタフクソースは「カープソース」

広島と言えば、オタフクソースです。しかし、今やどこでも販売していてお土産には不向きで手が伸びませんよね。そこでおすすめなのがカープソースです。通常のオタフクソースよりちょっと酸っぱいかな?という感じです。

広島原爆ドーム周辺

原爆ドームは、広島バスセンターから歩いて15分程で行けます。最近、未公開にしていた資料も新たに開示されたので行ってみとよいでしょう。

バスセンターから原爆ドームとは反対方向に徒歩10分程で広島城があります。年末には、屋台などもたくさん出てにぎわいます。夜の広島城はライトアップされていてかっこいいと感じる場所です。年末年始は広島城で過ごすというのもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。あなたの知らない広島を少しでも紹介できたでしょうか?

他にもイズミグループ最大級のゆめタウンがオープンしたりと観る場所が増えてきています。

ぜひ観光名所タップリの広島を訪れてみてください。

シェアする

フォローする